私の楽しい暮らし方

夫と子供二人と暮らす専業主婦です。「楽しく生きる」を実践中。

MENU

1日何食食べていますか?

maiです。

最近読んでおもしろかった本を

紹介します。

船瀬俊介さんの著書「やってみました!1日1食」です。

やってみました!1日1食【電子書籍】[ 船瀬俊介 ]

価格:1,430円
(2021/6/12 23:16時点)
感想(0件)

1日1食にするようになった著者の船瀬さんが

その魅力を伝えている本なのですが

  • 持病が消えていく
  • 病気にかかりにくくなる
  • 疲れにくくなる
  • 肌が若返る
  • 頭が冴える
  • 寿命が延びる
  • 仕事がはかどる

などなど良いこと尽くし

逆に1日3食食べることは食べ過ぎであり

不健康になるということも書いてあるのですが

 

私が特に面白いと思ったのが

「3食きちんと食べなきゃいけない」

「3食食べることで健康になるよ」という

学校教育で「食べないといけないんだ」

と頭に刷り込まれてきた。

ということ。

国や医学業界が

「きちんと3食」

「1日30品目」と言うのは

別の本音があるという所。

 

ここを読んで腑に落ちたんです。

 

私学生の頃栄養学を学んでまして

1日30品目の献立を立てるというのを

よくやっていたのですが

30品目を盛り込むのに苦労していたんです

そして1日分の献立を考えるだけならまだしも

毎日毎日30品目とるのって

難しいよな、現実的じゃないな…と思ってました

 

そしてつい最近まで

1日にできるだけ色々な種類の食べ物を

食べれるように料理をしてきたんですが

それがめちゃくちゃストレスだったんです

 

時間がなくて炭水化物だけの昼ご飯になってしまった

自分にイライラ

好き嫌いしてしっかり食べてくれない

子供たちにイライラ

食事に対してイライラ満載

こんなの楽しくないですよね

 

この本を読んで

きちんと食べなくても大丈夫なんだ

と良い意味で力が抜けたんです

 

それからは自分にも子供たちにも

食事でのイライラがなくなりました

 

私は今1日2食です。(子供たちは1日3食です。)

3食から2食にしただけでも良い変化を感じています。

世の中にはたくさん食に関する本があって

「3食食べよう」「お肉を食べよう」「ご飯をしっかり食べよう」

と書かれていることも様々で相反することが

書かれていたりもします。

どの情報が正しいのか混乱しますが

もしかしたら、真実は一つではないのかもしれません。

人間一人ひとり違うのだから人によって合うものが

違っていても不思議じゃありません。

 

 

私が1日2食にしてから調子が良くなったことは

また別の記事に書きますね。