私の楽しい暮らし方

夫と子供二人と暮らす専業主婦です。「楽しく生きる」を実践中。

MENU

専業主婦の楽しい夏休みの過ごし方〜こどもと共に〜

こんにちは!maiです。

私は専業主婦で、上の子は幼稚園に通っているのですが、なんと、昨日終業式でした。はれて今日から夏休みです。早い〜

4歳と2歳の子を1日中1人で面倒みているのは中々です。愛おしくかわいいこどもたちではあるけれど。あるけれど!!!です。今日は私の楽しい夏休みの過ごし方について考えていきます。

目次

 

1人時間の確保

子どもと1日中一緒にいても、楽しくて幸せで苦じゃない人ももちろんいるでしょう。しかし、私は1日中1人で子どもと過ごしているとどうしても「つ…つらい…。もうやだ。1人になりたい」と思ってしまいます。そして、イライラしてしまい顔もオニのように…こんな状態では自分だけでなく周りの人にも悪影響です。なのでなんとしても1人時間を作り出します。

こどもを預ける

この夏はこども2人を託児所に預ける時間を作ります。預ける時間は3時間。これを週に1回ほど。3時間は確かにあっという間ですが、3時間だけでもこどもと離れて自由に過ごせるのは、とても幸せ!快適!嬉しい!自分のことだけ考えて自分のためだけに動けるというのは本当に至福の時間です。この3時間を思って1週間頑張れるものなのです。この時間の為に、預けられるなら誰に預けても(もちろん信頼できるのが条件で)いいと思います。私達夫婦は私も旦那も両親が近くに住んでおり頻繁に私達の子どもと遊んでもらうこともできるのですが…子供たちを丸ごとお任せするのはどうしてもジジババやこどものことが気になってしまって…。なのでお金を払って他人に子どもを見てもらう。というのが私にとっては1番心地良いです。

夜のスーパー

これは家の近くにあったらおすすめなのですが、夜、こどもが寝たあとに、寝ている子供を夫にお願いしてスーパー(コンビニも可)へ行きます。子育てしていると夜に外出すること減りませんか?なのでほんの30分でも夜、外へ出るのってとても新鮮で気持ちいいんです。とくに、夏の夜は涼しくて心地良いです。昼間、こどもを連れての慌ただしいスーパーとは全く違う、のーーんびりとした時間を過ごせます。昼間に割引になってないものがお安くなってるのも楽しいです。

頑張らない・だらける

今年の夏は「楽しく過ごす」をテーマに頑張らないことを誓います。なんでも完璧にやろうとして、勝手にイライラするのが私のパターンなので、暑かったらこどもと一緒にアイス食べてぼーっとしてもいいし、毎日元気よく公園に行かなくてもいいし、〇〇しなきゃをやめてとにかくのんびりと過ごそうと思います。

楽しみな予定を立てる

託児所へ預けるのもそうですが、楽しみな予定があるとそこに向けて頑張れたり、その日までワクワク楽しい気分で過ごせるものです。なので「こどもが楽しい予定」だけを意識しがちですが、子どもだけでなく「私が楽しい予定」もいれていきたいです。

 

ママがゴキゲンでいるのが1番

母親がごきげんでいることが、子どもたちにとって(旦那にとってもですね)1番ってよく聞きますよね。でも、これが、簡単なようでとても難しい。頭では分かっているんですが、こどもと過ごしながらごきげん維持ってかなり高度なワザではありませんか?私だけ?私は子どもが産まれてから、自分の中の喜怒哀楽の「怒」がさらに深まった気がします。でもやっぱり私だってゴキゲンな私が好きです。そのためには泣いている子供だって預けるし、だらだらしすぎな自分にも◎丸を上げたい。そして今だけしかないこの小さな子どもたちとともに楽しい時間を過ごしたいです。

おわりに(クイズ)

夏休み初日の決意表明でした。さて、唐突ですが最後にクイズです。これな〜んだ??? 

f:id:mytanokura:20210717132030j:plain

正解は…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「おさしみ(こども作)」でした。

どーゆーこっちゃ!!笑

 

最後までお読みいただきありがとうございました。